福祉の研修
研修概要

研修の基本方針

 高齢者・障害・児童の各分野において多様化する福祉ニーズに対応するため、これを支える福祉人材を確保するとともに、より質の高い福祉サービスを提供していくために、福祉人材の資質向上を図ることが喫緊の課題となっています。そこで、新しく入職された方はもとより、福祉の職場で現に就業している職員に対して、現在の仕事に対する魅力や満足度を高めて定着を促進するための研修機会の提供を、より充実させる必要があります。
 このため、キャリアアップやスキルアップ、モチベーションアップするための多様な研修、及び、経営者や施設管理職員に対するマネジメント力の一層の向上を図るための研修について、更なる充実・強化を目指します。

研修のご案内など

  • 〔福祉の研修〕ページでは、年間の研修計画と研修ごとの開催内容を掲載しています。「研修検索」より、研修ごとの開催内容の詳細を確認することができます。
  • 「研修新着情報」には、開催内容が決定した研修を掲載します。そちらより開催要綱のダウンロードや受講申込みを行うことができます。(一部、ウェブサイトからの受講申込みを行っていない研修もあります。)
  • 年間の研修計画を記載した冊子「研修概要」を年度当初に、また、研修ごとの開催要綱を開催内容決定後に、関係施設・事業所等に送付しています。
  • 福祉総合研修センター事務所に、福祉関係の図書とDVDのライブラリーを設けています。受講者の皆様や福祉事業所等へ貸出していますので、是非ご利用ください。

就労支援・資格取得研修

ボランティア研修

職能団体等研修

研修実績

県開催の福祉施設職員研修