社会福祉法人の力を地域に

社会福祉法が改正され、全ての社会福祉法人は、「地域における公益的な取組」を行うことが責務として規定されました。社会福祉法人の公益性・非営利性など、その本旨に従い、他の事業主体では困難な福祉ニーズへの対応が求められています。

このページでは、社会福祉法人が地域団体と連携し、実践している公益的な取組をシリーズで発信していきます。情報をお寄せください。

社会福祉法人の地域における公益的な取組を紹介

2020年11月10日
「地域における安心の居場所づくりを目指して ~学習支援、こども食堂を通して~」社会福祉法人やすらぎ福祉会(PDFファイル:468KB)
2020年10月10日
「地域の困り事を地域で解決できる強い町づくりをめざして~小松市おびし町移送サービス」社会福祉法人自生園(PDFファイル:568KB)
2020年8月10日
「地域の福祉向上へ ~連絡会発足~」のみ社会福祉法人連絡会(PDFファイル:484KB)
2020年7月10日
「開かれた園を目指して ~コロナ禍での情報発信や行事への参加をとおして~」社会福祉法人 わかば保育園(PDFファイル:444KB)
2020年5月10日
「法人間連携・協働による子どもの貧困へのサポート」めぐりんく(PDFファイル:404KB)
2020年4月10日
「みんなが笑顔になるように 私たちができること」社会福祉法人 弘和会・輪島市社会福祉協議会(PDFファイル:564KB)